中国スマホを駆逐せよ

中国は日本にとってどういう国かを考える必要がある。
1.尖閣諸島の領有権を主張し、軍艦を差し向ける無法者侵略国家である。
2.日本の領空に不法侵入しようとする無法者侵略国家である。
(これらを警戒、対応のため、日本の海上保安庁、自衛隊の装備費、整備費、施設維持費、隊員の固定費、その他諸々はすべて国民の税金で賄わざるを得ない)
3.日本の技術を姑息な手段で盗み、それを国産技術だとして自国で使うばかりか海外に売り込んでいる。
(本来は得られるべきライセンス費などを得られないため、その企業は莫大な損失となっている)
4.国内では反日扇動を活発に行い、日本のイメージを下げようとしている
(実質的な効果はそれほどなくなってきている)
つまり、日本にとっては限りなく敵国に近いのである。
ただし、経済的にはつながっているため、「政冷経熱」といわれる状態だ。

一方、その状態で看過できないのが「スマホ」と「5G関連技術製品」である。
これらのIT機器は、単なる工業製品に見えるが、実は国家の主権を脅かすだけの力を持つ危険な兵器である。
なぜそういえるのか。
それは、我々の生活インフラからビジネスインフラまで、これらの製品と技術が欠かせないからである。

もしも、ファーウェイなど中国製品がこれらの圧倒的シェアを握ってしまえば、日本は中国共産党の手のひらで経済活動を行わざるを得ない状況になる。
昨今、アメリカによる制裁の理由はデータを盗まれるのではないかという疑惑によるものとの報道があるが、もっと直接的に怖いことがある。

読者にはわかるだろうか。

これら製品は、ネットワークを使ってファーウェイ本社からの指示でどんな操作もできてしまうのである。
スマホや5G関連機器はいろいろな内部ソフトのバージョンアップやバグの解消のためにファームウェアというソフトでデータを書き換えられるようになっている。
これ、我々が指示しなくても、メーカー側の判断で勝手に行うことも可能なのである。
もしも、中国共産党の指示で、すべてのファーウェイ製品を暴走させろ、場合によっては爆発させろと命じられれば、ピンポイントでそれが可能なのである。
先日、ソフトバンクのスマホが通話できない事故を起こしたことは記憶に新しいが、それを意図的に行うことが可能なのだ。
それを「経済テロ」と称する。
将来普及するであろう5Gが完全ストップさせられれば、日本のビジネスのほとんどがストップしてしまう。もしも自動運転の自動車が普及したなら、それらがすべて停止、もしくは事故を起こし、莫大な被害を生むことになろう。

さらに、例えば、安倍総理がファーウェイのスマホを使っていて、胸ポケットに入れていたとしよう。
メーカーはそのスマホだけを暴走させ、バッテリーを爆発させることが可能だ。
つまり、暗殺することが可能なのである。
しかも、安倍首相がどこにいるか、どこに向かっているかもピンポイントで常時確認可能。
いつでも暗殺者を差し向けることが可能なのだ。
スマホとはそれほど危険な機器であることを把握しておく必要がある。

したがって、我々日本国民は、国産もしくは同盟国に相当する国の製品を使用することが絶対だ。
読者諸兄も「安いから、コストパフォーマンスが高いから」という理由でファーウェイ製品を使用するのは、実は税金の無駄遣いや国家の安全を脅かす手助けをしていると心しておくべきだ。
そして、その無責任はいずれ自らの身を亡ぼすことになるのである。

カテゴリー: 時事ネタ, 生活情報 | コメントする

令和が新しい元号に

令和は万葉集から取った言葉とのこと。
これは評価したい。
日本は地方を中心に万葉集をテーマにした村おこし、町おこしが多く、再び注目されれば、地方への注目度もアップするだろう。
万葉集は日本が誇る、言葉の文化の起源といってもよく、これからも大切にして欲しい。
そして、多くの人に知って欲しい。
万葉ロマンの花を咲かそう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

フレーバーはこれがお得

ポップコーンを自作した時に必要なのがフレーバーです。最近はいろいろなポップコーンの味が市販されていて、思わずスーパーなどで買ってしまうのですが、自作できるならその方がずっと安くて暖かくておいしいのです。

ポップコーンマシンを購入したら絶対欲しいですね。

カテゴリー: 生活情報 | コメントする

ポップコーンに目覚める

以前から電子レンジで作るポップコーンは好んで食べていましたが、いよいよステップアップしようと考えています。
いろいろ探しましたが、これがいい。

というわけで、ポップコーンライフを楽しもうと思っています。フレーバーも楽天で手軽に買えるのがいいですね。

カテゴリー: 生活情報 | コメントする

下町ロケット6話はケンカを売っている?

だが、きっちりと今の農業の現状を示している。いや、暴露しているといってもよいでしょう。
え、こんなひどいことが?いえ、現実なんです。

まず、大学の技術を共同研究だと言って企業が抜き取るお話。これ、事実行われています。もちろん、ドラマのようにあからさまに盗むということは稀ですが、事実上企業に奪われるということは日常茶飯事です。

次にギアゴーストのトランスミッションに関する裏切り。これも日常茶飯事です。したがって、新しく技術や製品を開発した場合には、かならず売り手を複数探しておく必要があります。一社の場合、必ず買いたたかれる格好になるからです。
今回のケースは、せっかく作ったものを捨てることになる形ですが、これは別の買い手(帝国重工)を見つければよいのでダメージにはならないでしょう。

次に農林協(ああ、もうほぼ言っちゃってますね、農協、JAのことです)の問題ですが、ドラマ中の酷いことは間違いなく行われており、すべての職員とは言いませんが、ああいった形で農家に圧力をかける現実があります。
農林共は会員からあれやこれやと会費を取り、さらにお米はランクをつけて安く買いたたいています。いいコメも悪いコメも等級をつけてしまいごっちゃごちゃ、味もごっちゃごちゃなのです。殿村氏に言い寄ってきた営農企業はJAとグルですね。美味しいお米を食べるなら、高くても信頼できる自主流通米を探すのが普通なのです。

「米なんて、食えりゃいいの」

という発言は、頑張る農家を冒とくする怒りをかんじる言葉ですが、現実、農林共ではそれがまかり通っています。
その証拠に、新米と古米をミックスして新米として売ったり、等級を混ぜて最上級で売ったり、品種の違うコメを混ぜてコシヒカリとして売ったりした経緯もあります。

因みに農機具を格安で買えるというのは事実です。最近だと、国が、JA向けに安いトラクタを作れ!と代表的なメーカー数社に命令してコンペさせられました。
勝ったのはヤンマーですが、正直、利益も出せず、メンテナンスの手間や将来のことを考えたらありがた迷惑かもしれません。

最後に、営農企業の問題ですが、確かにこれからは営農企業へと農地を集約するしかありません。しかし、本当にプライドのない営農企業は生き残れないと思った方がよいでしょう。
なぜなら、今後、お米も工業製品や自動車のように、真に品質競争が始まるからです。例えば、自動車メーカーは日本にも雨後の筍のようにできた時代がありましたが、ダメな企業はどんどんつぶれたり吸収されたりしました。
まだ、営農化は始まったばかりですが、今後はプライドのない、努力しない、もうけばかりを求める農林共と一緒に楽して稼ごうとするような企業はどんどん淘汰されていく運命です。

我々消費者は、そうした営農企業に騙されないように、しっかりと品質を見極めて農産物を買わなければならない。営農化だけでは日本の農業は救えません。そうしなければ、日本の農業の未来はないと言えるでしょう。

たった1回の放送ですが、この下町ロケットの第6回はこんな問題提起をしてくれているわけです。

 

カテゴリー: 時事ネタ | コメントする

東京ゲームショー2018レポート

■今年の東京ゲームショーはeスポーツ元年
今年のテーマを挙げるとすれば、それはeスポーツでしょう。メインステージや各ブースでeスポーツを掲げて参加者がプレイで競っていました。
それに合わせるかのように、周辺機器メーカーもこぞって出展。特にゲーミングチェアのブースが大小含めて10か所以上あったように思います。

私もそろそろ椅子を買い替えようと思っているところだったので、いろいろ確認してみましたが、ほぼ100パーセントが中国製でした。
ただ、明らかに中国メーカーとわかる製品は、つくりが安っぽい。
確かに値段は数割安いが、とてもおすすめができないものです。
同じ形でも、その価値を見誤ると泣くことになります。私も必死に考えているところです。

■VRはどこまで進んでいるか
数年前から騒がれ続けているVRゲームですが、プレイステーションVRは好調な売れ行きを示しているとは言えない状況です。
今年もVR専門のエリアが設けられる中、各メーカーはそれを活用するのではなく、オリジナルのVR機器を中心に提案合戦が続いていました。

しかし、画期的な進歩には程遠く、派手なアトラクションも単なるアミューズメント施設ものといった感じ。
誰でも楽しめるといったものはアピールすらありませんでした。
彼らにとっては、VRはまだ研究テーマでしかないのでしょうか。

■任天堂の製品が
今年は久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトも展示されていました。例年は、任天堂は別のイベントを実施しており、東京ゲームショーには展示がありませんでした。意外な違いだったと言えましょう。

■スマホゲームは意外に静か
毎年、賑わしてくれていたスマホゲームのメーカーが出展はしているものの、とても大人しいものでした。スマホゲームは興亡が激しいため、ちょっと儲かったから大々的に展示するといった趣向が下火になったように思います。
ただ、ちょっとでも試してもらわなければ、ダウンロードには至らないわけで、もっと違ったアイデアが必要なのかもしれません。

流れ的にはeスポーツがキーを握ることになるでしょう。来年は、海外のメーカーも含め、eスポーツの大会が乱立。賞金も高騰。特に中国からの出展がさらに増えそうな予感です。嬉しいような、悲しいような。
ユーチューバーからプロゲーマーに。若い世代の興味は移っていくのかもしれません。

 

カテゴリー: 時事ネタ | コメントする

EOS Rを観てきました

キャノンのEOS Rイベントを拝見してきました。
これまでEOS7D系を使ってきたわけですが、このミラーレスカメラの一長一短が明確見えてきました。

ミラーレスの最大のメリットはミラーがないため故障しにくいこと、小型軽量化しやすいことです。
また、EVファインダーを許容できるなら、あらゆる画像インフォーメーションを確認しながら撮影可能です。撮影結果をほぼそのままファインダーで確認しながら撮影できるということです。顔認識その他の情報も多く表示してくれます。

一方で、最大のデメリットは・・・
EVファインダーであることです。
一眼レフカメラで撮影する醍醐味は、ファインダーを覗いてその世界を楽しむことなので、EVファインダーの出来が悪ければ、カメラの楽しみを丸々潰す格好になってしまいます。

したがって、EVの成長が私にとってのすべてであるわけですが、少なくとも今回のEOS Rは失格でした。
ただし、設定を変更すれば、スピードの改善に可能性があるとか。

もちろん、お金に余裕があれば、買ってみて、撮影してみて、ダメなら中古で販売するという手もありますが、その差額は10万以上と思われ、さすがに無理ですね。

カテゴリー: カメラの話題, 未分類 | コメントする

危険です


はい、これはなんでしょう。
答えは簡単、カメラ用のアルミケースです。
モーターショーにこんなものを持ち込む輩がいます。

イベントには多くのファミリー、子供達もきます。そして、彼らは予測のできない動きもします。

もしも、このアルミケースが子供に当たり、怪我をしたらどうなるでしょうか。
下手をすれば、撮影は一切禁止になるかもしれません。

彼はこのアルミケースの上に乗って人並みの上から撮影したりしていました。
自分さえ良ければいい。人のこと、人を傷つけるリスクなど知ったものか。
そんな人間が社会を悪くする。

即刻、こうしたイベントへの一般客のアルミケース、脚立、さらに一脚、三脚の持ち込みを禁止するべきでしょう。
子供さんに怪我をさせてからでは遅いのです。
我々カメラマンの死活問題でもあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

サッカー日本代表ワールドカップ出場決定

サッカー日本代表ワールドカップ出場決定しました。
浅野選手、井手口選手というフレッシュな選手で2得点。
ワールドカップ初戦で敗退したとは思えないスッキリとした出場決定でした。

とにかく井手口選手がこれほど使える男であったとは驚きです。
ハリルホジッチ監督の起用が当たりました。
選手を見る目が確かになってきたということでしょうね。

日本代表も層が厚くなったということでしょうか。
この予選に間に合わせた本田選手が使われなかったことも衝撃ではあります。

とにかくファンのみなさんおめでとうございます。
そして、更なるレベルアップを期待しています。
正直、まだまだ日本が強くなったのではなく、オーストラリアが少し弱くなったということを忘れてはなりません。

カテゴリー: 時事ネタ | コメントする

F1マクラーレンが奇跡的に優勝するシナリオ

前回、ハンガリーのレースで最速を奪ったのはマクラーレンのアロンソだった。
しかもそれは最終周でのこと。
つまり、マクラーレンのマシンは相当数を周回してもデグラデーション(タイヤの性能劣化)が他チームと比べてダントツで少ないということである。

今回のベルギースパはパワーサーキットのひとつのため、前評判ではメルセデスが圧倒的に有利だと言われている。
ただ、メルセデスは高速コーナーサーキットでの後輪のデグラデーション問題が解消できていないという話も残っている。特に路面がそれほど綺麗ではないスパではタイヤへの負担は少なくない。

とすると、今回、メルセデスは予選のスーパーソフトタイヤを何周使えるか。およそ8周程度であろう。全集会が44周の中で、その後、ソフトで36周を走るのは絶望的。つまり、2ストップだ。

一方、マクラーレンはデグラデーションが少ないため、14~16周まで引っ張れるとすると、1ストップが可能である。
ピットストップ時間は20秒。
さて、マクラーレンが奇跡の優勝を飾るとするには下記のとおり、奇跡的な偶然が重なる必要がある。
・マクラーレンがスタート後、トップ6直後7番手を維持していること。
・他チームがピットストップして8周時点でトップに出ていること。
・9周目から16周目までにセーフティーカーが出て、直後にマクラーレンがピットストップ。8位程度を確保していること。
・他の先行チームの内3、4、5、6がスーパーソフトで22周程度でピットストップすること
・1、2位のチームはソフトコンパウンドだがタイヤのデグラデーションが激しく、タイムが落ちていること
・30周程度で2回目のピットストップを行うこと。(この時点でマクラーレンがトップ)
・マクラーレンのデグラデーションが最小に抑えられ、抜かれる前に周回を終了すること
というわけでポイントはやはり途中でソフトコンパウンドのチームを自力で抜けること。
その時点で破たんしているかもしれませんが、レースペースがよいマクラーレンに奇跡が起これば、優勝も夢ではない、というお話でした。

カテゴリー: 時事ネタ | コメントする