東京ゲームショー2018レポート

■今年の東京ゲームショーはeスポーツ元年
今年のテーマを挙げるとすれば、それはeスポーツでしょう。メインステージや各ブースでeスポーツを掲げて参加者がプレイで競っていました。
それに合わせるかのように、周辺機器メーカーもこぞって出展。特にゲーミングチェアのブースが大小含めて10か所以上あったように思います。

私もそろそろ椅子を買い替えようと思っているところだったので、いろいろ確認してみましたが、ほぼ100パーセントが中国製でした。
ただ、明らかに中国メーカーとわかる製品は、つくりが安っぽい。
確かに値段は数割安いが、とてもおすすめができないものです。
同じ形でも、その価値を見誤ると泣くことになります。私も必死に考えているところです。

■VRはどこまで進んでいるか
数年前から騒がれ続けているVRゲームですが、プレイステーションVRは好調な売れ行きを示しているとは言えない状況です。
今年もVR専門のエリアが設けられる中、各メーカーはそれを活用するのではなく、オリジナルのVR機器を中心に提案合戦が続いていました。

しかし、画期的な進歩には程遠く、派手なアトラクションも単なるアミューズメント施設ものといった感じ。
誰でも楽しめるといったものはアピールすらありませんでした。
彼らにとっては、VRはまだ研究テーマでしかないのでしょうか。

■任天堂の製品が
今年は久しぶりに任天堂スイッチのゲームソフトも展示されていました。例年は、任天堂は別のイベントを実施しており、東京ゲームショーには展示がありませんでした。意外な違いだったと言えましょう。

■スマホゲームは意外に静か
毎年、賑わしてくれていたスマホゲームのメーカーが出展はしているものの、とても大人しいものでした。スマホゲームは興亡が激しいため、ちょっと儲かったから大々的に展示するといった趣向が下火になったように思います。
ただ、ちょっとでも試してもらわなければ、ダウンロードには至らないわけで、もっと違ったアイデアが必要なのかもしれません。

流れ的にはeスポーツがキーを握ることになるでしょう。来年は、海外のメーカーも含め、eスポーツの大会が乱立。賞金も高騰。特に中国からの出展がさらに増えそうな予感です。嬉しいような、悲しいような。
ユーチューバーからプロゲーマーに。若い世代の興味は移っていくのかもしれません。

 

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

EOS Rを観てきました

キャノンのEOS Rイベントを拝見してきました。
これまでEOS7D系を使ってきたわけですが、このミラーレスカメラの一長一短が明確見えてきました。

ミラーレスの最大のメリットはミラーがないため故障しにくいこと、小型軽量化しやすいことです。
また、EVファインダーを許容できるなら、あらゆる画像インフォーメーションを確認しながら撮影可能です。撮影結果をほぼそのままファインダーで確認しながら撮影できるということです。顔認識その他の情報も多く表示してくれます。

一方で、最大のデメリットは・・・
EVファインダーであることです。
一眼レフカメラで撮影する醍醐味は、ファインダーを覗いてその世界を楽しむことなので、EVファインダーの出来が悪ければ、カメラの楽しみを丸々潰す格好になってしまいます。

したがって、EVの成長が私にとってのすべてであるわけですが、少なくとも今回のEOS Rは失格でした。
ただし、設定を変更すれば、スピードの改善に可能性があるとか。

もちろん、お金に余裕があれば、買ってみて、撮影してみて、ダメなら中古で販売するという手もありますが、その差額は10万以上と思われ、さすがに無理ですね。

Posted in カメラの話題, 未分類 | Leave a comment

危険です


はい、これはなんでしょう。
答えは簡単、カメラ用のアルミケースです。
モーターショーにこんなものを持ち込む輩がいます。

イベントには多くのファミリー、子供達もきます。そして、彼らは予測のできない動きもします。

もしも、このアルミケースが子供に当たり、怪我をしたらどうなるでしょうか。
下手をすれば、撮影は一切禁止になるかもしれません。

彼はこのアルミケースの上に乗って人並みの上から撮影したりしていました。
自分さえ良ければいい。人のこと、人を傷つけるリスクなど知ったものか。
そんな人間が社会を悪くする。

即刻、こうしたイベントへの一般客のアルミケース、脚立、さらに一脚、三脚の持ち込みを禁止するべきでしょう。
子供さんに怪我をさせてからでは遅いのです。
我々カメラマンの死活問題でもあります。

Posted in 未分類 | Leave a comment

サッカー日本代表ワールドカップ出場決定

サッカー日本代表ワールドカップ出場決定しました。
浅野選手、井手口選手というフレッシュな選手で2得点。
ワールドカップ初戦で敗退したとは思えないスッキリとした出場決定でした。

とにかく井手口選手がこれほど使える男であったとは驚きです。
ハリルホジッチ監督の起用が当たりました。
選手を見る目が確かになってきたということでしょうね。

日本代表も層が厚くなったということでしょうか。
この予選に間に合わせた本田選手が使われなかったことも衝撃ではあります。

とにかくファンのみなさんおめでとうございます。
そして、更なるレベルアップを期待しています。
正直、まだまだ日本が強くなったのではなく、オーストラリアが少し弱くなったということを忘れてはなりません。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

F1マクラーレンが奇跡的に優勝するシナリオ

前回、ハンガリーのレースで最速を奪ったのはマクラーレンのアロンソだった。
しかもそれは最終周でのこと。
つまり、マクラーレンのマシンは相当数を周回してもデグラデーション(タイヤの性能劣化)が他チームと比べてダントツで少ないということである。

今回のベルギースパはパワーサーキットのひとつのため、前評判ではメルセデスが圧倒的に有利だと言われている。
ただ、メルセデスは高速コーナーサーキットでの後輪のデグラデーション問題が解消できていないという話も残っている。特に路面がそれほど綺麗ではないスパではタイヤへの負担は少なくない。

とすると、今回、メルセデスは予選のスーパーソフトタイヤを何周使えるか。およそ8周程度であろう。全集会が44周の中で、その後、ソフトで36周を走るのは絶望的。つまり、2ストップだ。

一方、マクラーレンはデグラデーションが少ないため、14~16周まで引っ張れるとすると、1ストップが可能である。
ピットストップ時間は20秒。
さて、マクラーレンが奇跡の優勝を飾るとするには下記のとおり、奇跡的な偶然が重なる必要がある。
・マクラーレンがスタート後、トップ6直後7番手を維持していること。
・他チームがピットストップして8周時点でトップに出ていること。
・9周目から16周目までにセーフティーカーが出て、直後にマクラーレンがピットストップ。8位程度を確保していること。
・他の先行チームの内3、4、5、6がスーパーソフトで22周程度でピットストップすること
・1、2位のチームはソフトコンパウンドだがタイヤのデグラデーションが激しく、タイムが落ちていること
・30周程度で2回目のピットストップを行うこと。(この時点でマクラーレンがトップ)
・マクラーレンのデグラデーションが最小に抑えられ、抜かれる前に周回を終了すること
というわけでポイントはやはり途中でソフトコンパウンドのチームを自力で抜けること。
その時点で破たんしているかもしれませんが、レースペースがよいマクラーレンに奇跡が起これば、優勝も夢ではない、というお話でした。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

北朝鮮のミサイルにJアラートは不要だよ

ちょっと笑うのです。Jアラートよりももっと分かりやすい攻撃の予兆があります。
それは簡単なこと。
そう、中国人観光客が一斉に日本から消えるということ。

本気で攻撃する場合は、必ず中国に予告してからであるから、その時点で退避するでしょう。
核ミサイルならなおさらです。

したがって、中国人観光客がLCCでひとりも来なくなったら、北朝鮮からの攻撃が近いということ。
それを察知する方がずっと確実なんですよ。

したがって、Jアラートなんて不要。システム会社が儲かるだけ。
ああ、バカバカしい。
税金の無駄遣いだ。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

イージス・アショアは日本を救うのか

イージス・アショアとは、イージス艦のSM3を陸上型に改良したもので、さらに性能も上がっていて、2基ほどあれば、日本全土をカバーできるとのことです。
費用は約800億円。
日本の経済力なら、10基ほど購入して万全を期すのが得策でしょう。
詳しくは下記をご覧ください。

陸上型イージス:「イージス・アショア」とは

一気に購入せずに、1年に2基づつ購入し、アメリカとの貿易摩擦を緩和する役目を持たせることも可能でしょう。
さらに、攻撃能力を持つトマホーク型移動型対地攻撃型兵器の開発を共同開発するのがベターです。
1時間に1000発以上のトマホーク型中距離巡行ミサイルを撃ち込めれば、北朝鮮も安易に攻撃はできないでしょう。
ちなみにトマホークは攻撃範囲が3000kmで価格は7000万円程度。
日本が改良すれば、威力、スピード、航続距離、正確性その他格段に性能アップも可能でしょう。
まずは遊んでいる国会議員を100人以上減らせば、数年で増税することなく目標本数を購入できますね。
日本はミサイル防衛を中心としたハリネズミ型防衛型国家を目指すのです。

日本は防衛兵器をベースにして親日東南アジアへの兵器販売も行えば、一気に対中国にも効果があるでしょう。

実は北朝鮮と同様に、中国も日本に向けて最低100発以上の核ミサイルを向けています。
それを忘れてはなりません。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

都民ファーストが国政に

都民ファーストの若狭議員が、そのまま国政政党を作るという。
こうなると、自民党は一気にあわただしくなるでしょう。
なぜなら、都民ファーストの国政政党(仮に国民ファーストの会:国民党)が完全に立ち上がった後に衆議院選挙を行ってしまうと、大幅に議員数を奪われる可能性があるからです。

今後、国民党に立候補する議員を募集し、教育して候補者を立てるには、少なくとも来年の春くらい。
急ピッチで人材を集めれば、年末には全国に一定程度の候補者を立てることができるでしょう。
また、日本維新の会などとの連携も視野に入れられることになります。
衆議院の任期は来年の年末ですので、それまで延ばせば、まともに国民党と戦うことになります。

また、自民党としてのもう一つの不安は、公明党が、自民党を離れて、国民党、日本維新の会と組んで連立政権を樹立しようとするのではないかということです。
そうなれば、多くの大臣は、長くの間、自民党とタッグを組んできた公明党の議員が握ることになり、総理大臣こそ小池百合子氏になるものの、多くの大臣ポストは公明党が占めることになります。

したがって、自民党は、早期に解散することになるでしょう。
おそらく今年の年末までには。
今なら、じり貧の民進党を横目に自民党がさらに躍進する可能性があります。
もちろん、その間には、都民ファーストとの駆け引きがあるでしょう。
公明党がそれを進めるのか、邪魔するのか。
公明党が大きながカギを握ると言えましょう。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

金正恩の命は風前の灯火

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮の核ミサイルがアメリカに着弾しないように必死に戦っている。
これまでの政治家であれば、大した施策はないが、元ビジネスマンのトランプ大統領はどう考えているのだろうか。

まずはいろいろと可能性の低い手を打ってきた。
国連決議、ロシアと中国の反対で決議されなかった。これは想定済み。
中国の習近平に圧力をかけた。なんの効果もなしであった。これは少し期待外れ。
そして、アメリカの空母を派遣、その他軍事的圧力をかけた。
これも効果はないようである。

そして、次の手に出る。
それが、金正恩と交渉すること。
誉めたてて、会って、核保有を正式に認めはしないものの、前向きであることを感じさせる。
アメリカ国民や世界に北朝鮮の核保有を許したように見せかける。
つまり、世界を騙すのである。

その目的は、金正恩とその家計の根絶。

トランプ大統領の言葉に踊らされた金正恩はのこのこといろいろな場所に顔を出す。
次に、アメリカの特使というスパイを送り、広い野外におびき出し、マーカーをつけ、そこにトマホークミサイルを多数撃ち込むのである。
もちろん、スパイは事前に退避する。
トマホークであれば、着弾誤差は数メートル以内。着弾時間もほぼ計算可能だからだ。
そう、暗殺するのである。
政権を崩壊させると同時に各施設も攻撃する。
対象の首を取ってしまえば、あとは指揮系統のない北朝鮮軍に投降させるだけだ。
投降しなければ、マザーボムを撃ち込むのみ。

つまり、計略によって北朝鮮政権を崩壊させるのだ。
金正恩に指揮させる前に暗殺すれば、意外にすんなりと国の混乱は収まるであろう。
民主主義国家は、その時のトップが暗殺されても議会が別の大統領を選出するのみだが、独裁国家では本人を殺してしまえばすべてが終わる。
問題は、その時に中国人民解放軍がアメリカに敵対するかもしれないということである。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment

衝撃の事実

衝撃の事実。なんと日本人は、欧米人と比べて、癌の発生率が格段に高いこと。
つまり、欧米では真剣に癌の治療薬は作っていない。プライオリティは低いということです。

そして、その癌予防に効果があると結果の出ている緑茶は、タバコを吸う人には逆効果であるということ。
タバコを吸わない人も受動喫煙をしていると同じことです。

癌を減らすことは、国が使う健康保険費用も削減できることになります。
つまり、喫煙者を減らすことは、国家財政をたすけることになる。

この事実は知っておきたいものです。

Posted in 時事ネタ | Leave a comment