イージス・アショアは日本を救うのか

イージス・アショアとは、イージス艦のSM3を陸上型に改良したもので、さらに性能も上がっていて、2基ほどあれば、日本全土をカバーできるとのことです。
費用は約800億円。
日本の経済力なら、10基ほど購入して万全を期すのが得策でしょう。
詳しくは下記をご覧ください。

陸上型イージス:「イージス・アショア」とは

一気に購入せずに、1年に2基づつ購入し、アメリカとの貿易摩擦を緩和する役目を持たせることも可能でしょう。
さらに、攻撃能力を持つトマホーク型移動型対地攻撃型兵器の開発を共同開発するのがベターです。
1時間に1000発以上のトマホーク型中距離巡行ミサイルを撃ち込めれば、北朝鮮も安易に攻撃はできないでしょう。
ちなみにトマホークは攻撃範囲が3000kmで価格は7000万円程度。
日本が改良すれば、威力、スピード、航続距離、正確性その他格段に性能アップも可能でしょう。
まずは遊んでいる国会議員を100人以上減らせば、数年で増税することなく目標本数を購入できますね。
日本はミサイル防衛を中心としたハリネズミ型防衛型国家を目指すのです。

日本は防衛兵器をベースにして親日東南アジアへの兵器販売も行えば、一気に対中国にも効果があるでしょう。

実は北朝鮮と同様に、中国も日本に向けて最低100発以上の核ミサイルを向けています。
それを忘れてはなりません。

This entry was posted in 時事ネタ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.