マクドナルドの肉はこれ、ではない

これまで、マクドナルドが何の肉を使っているかについて、あらゆる推測と議論が繰り返されてきました。
一説には、巨大ミミズではないか、とも。

そんな中、どうやら、マクドナルドが使っていたのは、あらゆる食用動物、といってもほとんどは牛でしょうが、それらの切り端や捨てる部分、内臓も含めてをかき集め、消毒して使っているようです。

無論、あの美味しさはほとんどが調味料によって作られたものですから、本当の肉の味とは言いがたいのですが、肉は肉。

日本の代表食とも言える牛丼もそうしたバラ肉を使っていますし、ホルモンも肉のほるもん、そう捨てる部分を使って作られた料理なのです。

無駄なく使い切ります商法としては肯定的に受け取らなければなりませんが、ばらばらぐちゃぐちゃだけに、本当に安心な食材かは何とも言えません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.